キャッシングに頼る時が来ない事を祈る

私は今までキャッシングを利用したことがありません.

そして,出来ることならば利用したくはありません.

何故かというと,私の中でキャッシングは「最終手段」だからです

.昔から,「人にお金を貸した時はあげたと思って貸せ.」また,「人からお金を借りるな.もしどうしても借りてしまった場合にはなるべく早く返せ.」と親に言われてきました.

この教訓を未だに忘れることが出来ず,キャッシングにも同じ感覚を抱いています.キャッシングは,ATMなどを使ってお金を借りますが,機械が動作しているからといって企業様,つまり人様からお金を借りる事と変わりありません.

なので,私はキャッシングは出来るだけ使いたくないなという思いを抱いています.

また,他にも理由はあります.それは,利子があるという問題です.

借りたからにはその金額に応じた利子を払わなくてはならないので,この利子を払うくらいなら最初からキャッシングをせずに,お金を貯めておけと自分に言い聞かせています.

でも,交通事故や事件など急に大きなお金が必要になった場合には,利用してしまうかもしれません.

なので,キャッシングに頼らずにこのまま余生を楽しめたらいいなと思うのが私の願望です.