最後までキャッシングは使用しないで終了になりました。

私は会社に就職したときに、銀行口座を作るように言われました。
そこですぐに地元の銀行に普通預金口座を作りました。
そのときにキャッシュカードとローンカードとJCBも同時に契約しました。

キャッシングはJCBについていました。一種の借入ですね。
あると確かに便利だと思います。
しかし金利が非常に高いです。
万が一に備えていつでも借りられる切り札として、録っておきました。
したがって、キャッシングを利用したことはありませんでした。

JCBはものを買ったり、ゴルフ場の代金の決済等には使用していました。
お金を持ち歩かなくていいというメリットがあり、便利です。
ただ保険料が1千円ちょっと年間かかりましたね。
盗難等に備えていたのでしょう。

お金を借りる必要が生じたときは、まず総合口座の借入でしょう。
次にカードローンです。
それでも足りなくなったら、キャッシングという順序になると思います。

幸い私の場合は、カードローンは、一時、結構頻繁に借りました。
しかしカードロンの範囲で収まっていました。
これで足りなくなったら、キャシングを使おうと身構えていたのが現状です。
カードローンも限度額が50万円あったので、どうにか足りました。
したがって、最後までキャッシングは使用しないで終了になりました。