やはり不安なキャッシング

キャッシングを利用してみたいとはあまり思いません。
金利が高く返済期限が設けられているクレジットカードや消費者金融などで、まとまった金額をキャッシングするのは大変リスクが高いと思っています。

期限までに確実に返済できることが借りた時点で確定しているならばいいのですが、そうでない場合には何かしらの事情で収入が途絶えてしまうかもしれないし、突然の病気やケガでさらに多額のお金が必要になり、返済できなくなるかもしれません。
きちんと返済できる場合でも、簡単にお金を貸してもらっていると徐々にエスカレートしてしまい、計画的な金銭管理ができなくなるのではないかという懸念もあります。
ただし例外として、海外旅行先で現地通貨への両替手数料が高かったり、多額の現金を持ち歩くのが危険なので必要に応じで現金を引き出したい、といった場合にクレジットカードで現地のATMからキャッシングするということならば、何の抵抗もなく利用するでしょう。
昔に比べて消費者金融やキャッシングのイメージは随分良くなりましたし、お金に困っている人にとっては大変ありがたい存在だと思いますが、自分の周囲に利用した経験のある人がいないので、やはり不安があります。
また、いざとなったら頼れる人が身近にいるというのも、キャッシングを利用してみたいと思わない理由の一つかもしれません。