返済に追われる日々はこりごり

キャッシングしてまでも買い物いたい思いません。
20代の頃にキャッシングに返済が自分の貯金から払えることが出来なくなってしまい親肩代わりしてくれたことがトラウマになっているからです。
当時、ネットワークビジネスをやっておりノルマを達成するためにキャッシングしては返済、キャッシングしては返済と給料のほとんどは返済に充てていました。

給料は25万もらっていましたしボーナスも支給されていたのでキャッシングを甘く見ていました。
しかし、リーマンショックの影響をもろ受けた会社はリストラ策として人員整理を始めたました。
人員整理もリストに載ってしまい、会社都合による退職を余儀無くされました。
退職金もいただきましたがほとんどキャッシングの返済に充ててもまだ、返済額は60万ぐらい残っていました。
今、思うと貯金から一括で返済していればよかったのですが、貯金を切り崩したくない気持ちがあったので失業手当から返済しようと考えました。
その考えが自分の首を絞める形になるハメになりました。失業手当の金額は思った以上低く、自分が生活していくのがやっとでした。
家族の援助も期待はずれに終わり、どんどん返済が滞納していきました。とうとう家にカード会社から電話がかかってきました。
それを親が取ってしまい発覚してしまいました。
キャッシングは簡単にお金は手に入りますが同時に返済出来る金額を用意しなければなりません。
安易にキャッシングをするのはやめました。