出来ることなら利用したくないけれど有事の際にはありかもしれない

キャッシングと聞くとどうしても良くないイメージが先行してしまいます。
人という表現があっているのかわかりませんが、たとえそれを専門の仕事としている企業だとしても、他人にお金を借りるという行為は良くないという思いがあるからです。

お金だけではなく、基本的に人から物を借りるという行為が好きではないということもあります。
なので出来ることならばキャッシングは利用したくないと思いますね。

photo

もしキャッシングを利用したことが身内や知り合いにばれたら、お金を借りなくてはいけなくなったということは金銭感覚が鈍い、またはしっかり管理できないといった風に見られてしまうのではないかという心配があるからかもしれません。
それでもどうしても急にお金が必要になった、普段はちゃんと貯蓄しているけれどそれでそれだけではちょっと心もとないといった時があるかもしれません。
そんなとき他に金策が浮かばなければ利用するのはありなのかなとも思います。
下手な場所からお金を借りるよりはよほど健全ですものね。

考えてみれば住宅ローンなども他人からお金を借りている形なのですから、きちんと返済の目処が立っている場合ならばキャッシングを利用しても良いのかもしれないなと思います。