キャシングって癖になりそうで

以前、お金を遊びに使い過ぎてしまって生活費がヤバくなった事がありました。
その時は銀行のキャッシュカードで借りれる数万円を使って事無きを得たんですが、実はその後もまた使い過ぎてしまったんです。

なぜかと言えば、お金が無いのに遊びたいと思った時につい「最悪また借りれば何とかなる」と思ってしまったからなんです。
本当はそこまでやる気なんて有りませんでしたが、気がつけばまた借りないとならない状態になっていました。

それに気づいて、さすがにこれは不味い、間違いなく癖になってるか依存症みたくなってると怖くなり、それ以来やってはいません。

なので今でもローンとかキャッシングとか消費者金融と言う言葉を見るだけでも怖いと言うか不安なイメージしか出て来ません。
人によっては上手く使ってより良い生活してる人だって居ますし、身近にも居るんですが私には無理だなと思っています。

例えばただの買い物でさえ、買い物依存症にまでなる人が居るように、誰でもがちゃんと自分をコントロール出来るとは限らないんです。
私は単に考えが甘いとか計画性が無いとかちゃらんぽらんで行き当たりばったりな性格だからとかのせいですけどね。

なのでどんなにしっかりした審査が通ったから借りれたとかでも、私は確実にズルズルと適当になって借金まみれになる可能性が高すぎて、便利そうだなとは思いますが使う訳には行きません。

計画通りに返せるなら使った方が便利だと思います

ちゃんと無理なく返せるなら、そして気分に左右されたりしないなら、時と場合によっては借りる方がお得だったり便利なので使ってみたいですね。

今は特にそうした必要が無いので利用をしてはいませんが、良い仕組みだなとは思っています。
当然借りるのですから借りた額以上を返さなければイケません、でもそれも全部纏めて計算して、その上で借りた方が得だと判断出来るなら色々とメリットが享受出来ます。

実際に知ってる人の中にたまにではあるけど、上手く利用してる人が居ますし、社会的にも問題にされる場合もありますが全体的に見ればちゃんと上手に借りてる人が大多数のはずですしね。

パチンコ等でさえ、問題起こす人は少数でしかなく、ほとんどの人は趣味の範囲内でちょっとした遊びの1つとして利用しているだけなんです。

急な出費が重なって手持ちが無くなった、確実に手に入る収入まで日にちがある、でも今使えば得になる何かにお金が必要なら借りた方が良かったりもします。
お金が無い時に凄い欲しい商品を見つけた、でも今しか買えない、どうしても欲しいと言う場合は借りた方が良いと言うか、借りるしか欲しい物を手に入れられませんしね。

収入で確実に返せる、他に借金も無いし生活費的にも問題無いのに借りないのは勿体無いとも言えます。
自分をしっかりコントロールさえすればローンや月賦払いの買い物と同じですから。

返済が大変だと感じるキャッシング

私は今までにキャッシングを利用したことがありませんし、今後も利用したいとは思いません。
なぜなら、本来はないはずのお金を手にすることになるので、後の返済が大変だと感じるからです。

借りる時は、簡単なのだと思います。
今では、ネットで簡単に申し込めたり、店舗に行かなくても契約できたりするそうなので、借りようと思えばいつでも借りられそうな気がします。
しかし、その後の返済のことを考えると、どうしても借りようという気になれません。

私の中では、借金をする言うことは、財産がマイナスになるという考えです。
マイナスをゼロに戻すだけでも大変です。
ましてや、それをプラスに持っていくこともさらに大変なことです。

また、利息がつくことも損をしている気がしてなりません。
10万円借りたとしたら、それに加えて利息分も返済しなければならくなります。
本来、自分が使ったのは10万円であるのに、余分なお金を使うことになるのです。
利息はお金を借りている間の借り賃なので仕方ないものなのですが、私の中ではその利息分が、損しているという気がしてなりません。
それがたとえ少額であってもです。

ですので、できる限りキャッシングサービスは利用せずに生活できるようにしていきたいと思っています。

キャッシング利用したくない理由

キャッシングは極力利用したくありませんし、まだ利用したこともありません。
まだキャッシングをせざるを得ない程お金に困った経験がないからかも知れないのですが、一度頼ると癖になりそうだと言うのが一番の理由です。

お金に余裕がなくなったら、お金が足りなくなったらとにかくどの様にして稼ぎ、最短でいつお金を手にできるかを考えます。
働いたれら即日貰える仕事もありますし、やろうと思えば仕事以外にも高級のバイトがあります。
キャッシングを利用する前にまずそちらを考えるかと思います。
恐らく人間の特性上一度やったら二度も三度も変わらない気がしてしまうと思うので、その一度目に手を出さないのが大事だと思うのです。

それに、滅多なお金の使い方をしなければキャッシングを利用したくなる様な状況にもならないと思います。
身の丈に合った買い物をしていないとか、ギャンブルにハマってしまったとか、人に多額のお金を貸してしまったとか私が思いつくのはその程度ですが、どれも「そんな事しなければ」キャッシングをせずに済むと思のです。

金利を払って行くのも勿体無いですし、○日間無利息と言うシステムを導入している所であっても、それをきっかけにどんどん借りて行く様になりそうで怖いです。
そんな理由で私はキャッシングを利用したくありません。

審査が怖いので使いたくありません

なんとなくのイメージでしか無いんですが、単にお金を借りる事に慣れてないのもあるし、特に審査が怖いので使いたくありません。

どうしても審査と言う文字から、私と言う人間の良し悪しを判断されると言う感じの印象を受けてしまうんです。
そこがもうハードルが高過ぎて無理ですね私には。

職場の社会的評価とか、その中での私の立ち位置や価値を値踏みされると言いますか、少額を借りたいだけだとしてもそこでもし拒否でもされたら精神的ダメージが凄いと想像してしまうんです。

多額のお金を借りれなかったら後は死ぬしかないとかの都合でも無い限り、わざわざ自分からそんな怖い物に関わろうと思うはずもありませんから。

勿論、仕組みとかを良く知らないせいもあると思いますし、知ったとしても今度はちゃんと理解出来ないとも思うんです。
テレビ等から得られる情報も、大体は何か嫌な事に纏わる事件とかでの報道ですから余計に怖いイメージが強化されてもいますし。

かと言って逆にほらこんなに簡単で安心ですよ安全ですよ計画的にやれば怖くありませんよと繰り返されると、今度はそれに対する不信感が増すばかりになるのもあります、実は罠が仕掛けられているのでしょう?みたいに。

要はイメージの悪さの連鎖が使いたくないと思う一番の理由なんだろうと思います。

基本的にはキャッシングは遠慮したいけど一部は除きます

なにかの不幸で借金を背負うことになったら仕方なく利用するかもしれませんが、一応安定収入がある内は、出来るだけお世話になりたくないと思うサービスがキャッシングです。

ギャンブルなどもやらないことはないですが多額を利用したギャンブルはしませんし、趣味なども自分の収入でやりくりできる程度でコントロールできているので、キャッシングとは縁がなくて済みそうな毎日ではあります。

ただ、たとえば高級な腕時計などがどうしても欲しくなったけど、手持ちが足りないといった場合、もしかしたら利用してしまうかもしれないとは思っています。

キャッシングといっても一般的なやつではなく、私が狙っているのは「無利息キャッシング」です。
借金をする以上利息が発生するのは仕方ないとは思いますし、それも含めて返していかなければならないのはわかるんですが、やはりどうしてももったいないと思ってしまう気持ちが強く、それがキャッシングを手軽に利用しない大きな原因だと個人的には思っています。

しかし短い期間だけど一定期間であれば利息がつかないというキャッシングサービスは、初心者や私のような「もったいない」と思う人にも取っ付き易く、利用しやすいサービスだと思います。
もしも突然お金が必要になったら、無利息キャッシングからキャッシングデビューしたいところです。

はまりそうで怖いので利用はしたくありません

テレビCMでも消費者金融やカードローンの露出が多くて、戸惑っています。
正直子供には見せたくないですね。
キャッシングはお金が急に必要になったときは、非常に便利な存在だと思います。
でも私ははまりそうで怖いのでキャッシングを利用したいとは思っていません。
私は自他ともに認める浪費家です。
簡単に大金が手に入ることを覚えてしまうと、抜けられなくなりそうだからです。
キャッシングの返済をするために、また別のところからキャッシングをする・・・こんな自転車操業的な自分が想像できるからです。
ちゃんと計画性を持っている人が、どうしても急にお金が必要になった時に利用するのは良いと思います。
だってちゃんとできそうだからです。
私ならだらだら返済して、結局ものすごい利息を支払うことになりそうです。
多重債務者になるのも正直怖いです。
総量規制の関係で専業主婦の私は消費者金融を利用するのは難しいですが、銀行系のカードローンならその影響も受けないので、所得のない私でも主人の顔でキャッシングできるようですが・・・。
クレジットカードのショッピングさえ、リボ払いへ変更しがちな私にとってキャッシングは地獄への第一歩と思えてしまいます。
利用することがない人生を送りたいです。

人からの借金は嫌だけどキャッシングはあり!

私は昔から、借金がとても嫌いで、友人だろうが家族だろうが絶対にお金の貸し借りだけはしませんでした。
ただ、それはお金が絡むと人間関係がすぐに壊れてしまう事を知っていて、それが怖いからという理由からだったので、キャッシングやローンなんかはまた別の話しになります。

キャッシングはまだ利用したことはありませんが、人にお金を借りるのが嫌いな私のような人間にとっては、専門の会社から手軽にお金を借りることができるシステムという事で、とても便利なものだと思います。

今は特に必要性を感じませんが、もし何かあって急にお金が必要になった時にはキャッシングを利用したいですね。
無人契約機なんかもあって、人目も気にならないし、何より簡単そうだし、すごく便利そうだなと思います。
ご祝儀だとか、医療費だとか、出費がかさんで大変な時に利用できたら、本当に有り難い存在だと思います。
消費者金融やキャッシングを悪だとする人も多くいますが、利用する人がしっかりしていれば怖いものでも何でもないのがキャッシングだと思います。
また、知人や家族に借金する事の方が、私にとってはずっと悪だと思いますね。

私はお金を借りるなら、絶対的にキャッシングで!と思います。

キャッシングに頼る時が来ない事を祈る

私は今までキャッシングを利用したことがありません.

そして,出来ることならば利用したくはありません.

何故かというと,私の中でキャッシングは「最終手段」だからです

.昔から,「人にお金を貸した時はあげたと思って貸せ.」また,「人からお金を借りるな.もしどうしても借りてしまった場合にはなるべく早く返せ.」と親に言われてきました.

この教訓を未だに忘れることが出来ず,キャッシングにも同じ感覚を抱いています.キャッシングは,ATMなどを使ってお金を借りますが,機械が動作しているからといって企業様,つまり人様からお金を借りる事と変わりありません.

なので,私はキャッシングは出来るだけ使いたくないなという思いを抱いています.

また,他にも理由はあります.それは,利子があるという問題です.

借りたからにはその金額に応じた利子を払わなくてはならないので,この利子を払うくらいなら最初からキャッシングをせずに,お金を貯めておけと自分に言い聞かせています.

でも,交通事故や事件など急に大きなお金が必要になった場合には,利用してしまうかもしれません.

なので,キャッシングに頼らずにこのまま余生を楽しめたらいいなと思うのが私の願望です.

最後までキャッシングは使用しないで終了になりました。

私は会社に就職したときに、銀行口座を作るように言われました。
そこですぐに地元の銀行に普通預金口座を作りました。
そのときにキャッシュカードとローンカードとJCBも同時に契約しました。

キャッシングはJCBについていました。一種の借入ですね。
あると確かに便利だと思います。
しかし金利が非常に高いです。
万が一に備えていつでも借りられる切り札として、録っておきました。
したがって、キャッシングを利用したことはありませんでした。

JCBはものを買ったり、ゴルフ場の代金の決済等には使用していました。
お金を持ち歩かなくていいというメリットがあり、便利です。
ただ保険料が1千円ちょっと年間かかりましたね。
盗難等に備えていたのでしょう。

お金を借りる必要が生じたときは、まず総合口座の借入でしょう。
次にカードローンです。
それでも足りなくなったら、キャッシングという順序になると思います。

幸い私の場合は、カードローンは、一時、結構頻繁に借りました。
しかしカードロンの範囲で収まっていました。
これで足りなくなったら、キャシングを使おうと身構えていたのが現状です。
カードローンも限度額が50万円あったので、どうにか足りました。
したがって、最後までキャッシングは使用しないで終了になりました。