出来ることなら利用したくないけれど有事の際にはありかもしれない

キャッシングと聞くとどうしても良くないイメージが先行してしまいます。
人という表現があっているのかわかりませんが、たとえそれを専門の仕事としている企業だとしても、他人にお金を借りるという行為は良くないという思いがあるからです。

お金だけではなく、基本的に人から物を借りるという行為が好きではないということもあります。
なので出来ることならばキャッシングは利用したくないと思いますね。

photo

もしキャッシングを利用したことが身内や知り合いにばれたら、お金を借りなくてはいけなくなったということは金銭感覚が鈍い、またはしっかり管理できないといった風に見られてしまうのではないかという心配があるからかもしれません。
それでもどうしても急にお金が必要になった、普段はちゃんと貯蓄しているけれどそれでそれだけではちょっと心もとないといった時があるかもしれません。
そんなとき他に金策が浮かばなければ利用するのはありなのかなとも思います。
下手な場所からお金を借りるよりはよほど健全ですものね。

考えてみれば住宅ローンなども他人からお金を借りている形なのですから、きちんと返済の目処が立っている場合ならばキャッシングを利用しても良いのかもしれないなと思います。

親の借金で苦労した。お金は欲しいけどキャッシングはイヤ

私は子供のころより父親が消費者金融で多額の借金を作り、進学の夢も欲しかった靴や服なども諦める事が多かったためキャッシングに対して極度の嫌悪感があります。
お金ほしいどうすればいい、そう思ったことも多々有りました。

 

お金がほしい

 

たった100円程度の貸し借りでも一切受け付けず、住宅や車のローンも一切組まないと固く決めています。

しかし、自分の夢や目的達成の為に返済能力さえあれば時には借りる事も必要ではないかと最近になって考えさせられる事はあります。
キャッシングを上手く利用すれば良いのではないかと思い始めてきたのです。ただ利用には至らず、いくら自分の夢を実現するためとはいっても絶対に使わないぞと言い聞かせています。

私のように今まで強く拒否してきた人間ほど、実際利用するとその魅力に取りつかれる可能性があるからです。
キャッシングではその返済能力に応じて金額を貸す上限が決まると思いますが、父親は返済できずに二度とキャッシングを利用できなくなっているのでやはり利用には強い恐怖心があるのです。

このような矛盾した気持ちと戦いながら、私はキャッシングコーナーには目も向けず、ローンを一切組むことなく生きています。
親の借金で苦労した結果、今でも自分は収入面で大卒の人に比べて劣り、欲しい物を買えなかったせいで昔の楽しかった思い出も浮かんで来ないのです。
キャッシングは今後も利用しないと心掛けていきたいと思います。

正直、いまいち踏み切ることができないキャッシング

キャッシングを利用してみたいか、と聞かれると今のところ「したくない」と答えます。
なぜなら総量規制の適用によって金融機関からキャッシングできるお金の最高額は年収の3分の1以下という決まりがあります。
そのため給料の低い自分は一度にたくさんのお金を金融機関から借りることができません。

キャッシングの利息は借りたお金の額が高いほど低くなります。
しかし自分は先にも述べたように給料が低く、小額のお金しかキャッシングできません。
そのためたくさんの利息を支払わなければらないのです。

また全額返済が遅れてしまった場合、遅延金を支払わなければなりません。
そのため計画を立てるのが苦手な自分は返済計画を立てて早めにキャッシングしたお金を全額返済する自信がありません。
これまでまとまったお金が必要となったことが何度かありました。
しかしその都度、このピンチをどうにか乗り越えてきました。

photo

キャッシングを行うことを何度も考えました。
もしキャッシングを行った数日後に確実にまとまったお金が入る予定があり、すぐに返済できることが明確ならキャッシングを行うかもしれません。
しかしそのようなことがない限り、今のところキャッシングの予定はありません。

自制心が弱すぎるから利用できない

キャッシングはお金に困っている人には魅力的なサービスですが、私は利用したいとは思いません。
審査に通ってしまえば借入限度額いっぱいまで借りられる上に、返済実績を重ねると大きな額の融資も受けられるので、歯止めが効かなくなると考えています。

今でこそキャッシングを利用したくないと思う私ですが、以前は借り入れるかどうかで心が揺れたことがありました。
遠方の冠婚葬祭の出席が重なってしまったので、一時的に生活費が不足する事態に陥ったからです。
ジャガイモを茹でたものだけで飢えを凌いだり、ご近所さんから食べ物を恵んでもらったりしていました。
栄養不足が続いたせいで、物事を悲観的にしか捉えられなくなってキャッシングを利用するか否かで迷ったのです。

photo

私の特徴は、楽ができるのであれば長期的な損得を考えないで行動に移すことです。
初めてサラリーマンになったばかりのころ、私は競馬が大好きでした。
有給休暇を利用しては競馬場へ足を運んで、臨時収入を得たり得なかったりしていたのです。
本来であれば、家庭の用事などの理由で有給休暇を利用するべきでした。
ところが、私は競馬の楽しさに魅了されて有給休暇を使い果たしてしまいます。

この一件から、私はキャッシングを利用するべきではないと考えています。

キャッシング利用したいけど、、。

キャッシング利用してみたいけど金利が矢張り高いということも聞くし、
一頃、取立てなどが問題になったり、とかく借りた人が返せなくなった時の状況の惨憺たる様子をテレビドラマなど見ていても恐怖です。

photo

銀行などからまとまったお金を借りる時には自分の預金残高に応じて借りられるから、返せないと分かれば貸してもらえないです。
主婦なんかは自分に収入がない場合はカードを使用する時だって30万円までしか自分の場合は借り入れが出来ないんです。

ですから旅行へ良く時に全てカードで支払いがしたくても出来ないから、
カードが合っても何だか不便を感じたことが過去にありました。
電話で理由を話して、今回だけはと言うことで特別に枠を設けてもらい、
何とかカードで支払いが出来たのです。

ですから現金を持っていたとしても、借りられないということがあるので、
そんなときにはキャッシングで借りたいと思うのですが、矢張りもしもって事がありますから、家族に迷惑が掛かったりすると怖いし、甘い話にはご用心と言う気持ちが働きます。

又身分証明書とか、主婦でも簡単に借りられますといわれても、一回で返済できないと、ドンドン金利が倍々に増えていくというのが、テレビドラマの影響かもしれないけれど頭に浮かんできます。

キャッシングのイメージ良くないので未だに借りたことがないです。

キャッシングとは無縁な生活を送ろうと思っています

金融機関からお金を借りるキャッシングは利用したくありません。
もちろん、人それぞれ様々事情があるので借りる人の事は否定はしませんが、自分はどんな事があっても借りずに生きていきたいと思っています。

どうして、そんなに頑ななのかというとキャッシングでお金を借りた人に多大な迷惑をかけられた事があるからです。
他人なら簡単に無視できますが、身内となると話は変わってきます。
いくら放っておきたくても状況がそれを許さず、結局は面倒をみる事になるので傷が軽い内に何とかしようと考えてしまいます。
その迷惑をかける相手が夫の親なので、話が厄介になってきます。
何度も自分の親だったらと考えました。

それならば、常日頃監視をしてキャッシングに手を出さないように出来るのですが、自分の親ではないため夫に頼るしかありません。
ただ、親より収入がよい息子だとお金を出す事で解決しようとするので、同じ事の繰り返しです。
小さなお金を出す時でもイライラしてくるのに、大きなお金を出すとなると頭が痛くなってきます。
数年前に大きな金額を貸して借金をなくしてもらったのですが、その後もキャッシングをしているようです。

photo

人の振り見て我が振り直せと言うように、身近な存在のお金の感覚は絶対真似はしたくないので収入に見合った生活でキャッシングをしない人生を送って生こうと思っています。

可能な限りキャッシングをしない

以前よりは金利は下がったとはいえ、それでも街中には大小消費者金融の名前が目に入ります。

photo

現在のキャッシングでの金利は4~18%といったところであり、又、銀行でのキャッシングもその金利はほぼ同じです。
しかし、消費者金融からの借入は銀行などよりその敷居が低いことも合ってか、その利用者も多いようです。

個人的には物心ついたころから両親から、うかつに保証人にならない事と安易なキャッシングは戒められてきたこともあり、なるべくローンやキャッシングをしないように生活しています。
又、身の回りの知人の中には多重債務からちょっとした騒動になった事もあって、安易なキャッシングの怖さを魅せつけられた事もあります。

事業をやっているなどでは仕方ない面もありますが、お金を借りるのであれば親が最良でしょう。
それでも、知られたくないとか負担を掛けたくない、返済計画がしっかりできるのであればキャッシングは仕方ないのかもしれません。

しかし、社会人になって預貯金をしているのであれば安易にキャッシングをするような事はないと思えます。
物欲は少ない人間で個人的にはキャッシングをしないように心がけていますが、この先キャッシングすることは無いのかとなると断言はできないでしょう。

キャッシングは怖いと思う

キャッシングを利用してみたいか、と質問されれば答えは「利用したくない」です。

金利が高いなど理由はたくさんありますが、一番大きな理由は怖いからです。
返済できなくなったら、怖い人が取り立てに来るなど何となくイメージが怖いのではありません。
何が怖いといいますと、お金に対しる感覚がルーズになってしまう、緩んでいしまうと思うからです。

最初はもしかしたら1万円足らず困ってしまい、1万円借りて給料日に1万円きちんと返済して終わるかもしれません。
ところが、一度借りてしまうと、借金に対する自分のハードルが下がってしまうと思うのです。
そして、今でしたら欲しいものがあっても、「お金が足りないから我慢をして貯めてから買う」「貯めるまで買わない」という選択をしていたものが、「お金が足りないけど、欲しいから借りて買って、お金が入ったら返済すれば良い」というように考え方が変わってしまうように思います。

photo

私は弱い人間ですので、一度安易な方へ進むと、そちらの方向へどんどん進んでいってしまうように思われます。
このように、お金に対する感覚といいますか、借金に対する抵抗感が下がってしまうことがとても怖いのです。

なので、キャッシングを利用してみたいですかとの問いには、「怖いので利用したくありません」というのが答えです。

小心者なのでキャッシングはしたくないです

基本的に物を買う時には現金払い、もしもの時に備えてある程度の貯金やへそくりもあります。
ローンが好きではないので、欲しいものがあってもお金が貯まるまでは我慢する事が多いのです。

家や車などは仕方なくローンを組みましたが、できるだけ早く返済したいと思う方なので繰り上げ返済もマメにやっています。
そんな私だからキャッシングなんて絶対やろうとは考えていません。

なぜそこまでお金を借りることに抵抗があるかと言えば、万が一払えなくなったらどうしようと言う心配があるからです。
親兄弟を頼ることはできませんし、迷惑をかけるのも嫌だし、せっかく建てた家を手放すことになるのも嫌です。
友達はそんな深刻に考えなくても、今はキャッシングなんて誰でも手軽にやっているものだよと言いますが、やっぱり消費者金融のイメージはドラマなどの影響で怖いものだと思っています。

photo

でも、もし自分や家族の生死が掛かっているようなことで、今お金が用意できればどうにか解決するというのなら、キャッシングしてしまうかもしれません。
銀行などのお堅い所ではすぐに借りることができない事もあるようですし、その点消費者金融のキャッシングはある程度の収入があれば簡単な審査で即日借りることができるそうなので、もしもの時は銀行よりも消費者金融になる可能性が大きいです。
もし本当にキャッシングしてしまったら、その後はとにかく早く返済しようと掛け持ちで働くことになりそうです。

キャシングって癖になりそうで

以前、お金を遊びに使い過ぎてしまって生活費がヤバくなった事がありました。
その時は銀行のキャッシュカードで借りれる数万円を使って事無きを得たんですが、実はその後もまた使い過ぎてしまったんです。

なぜかと言えば、お金が無いのに遊びたいと思った時につい「最悪また借りれば何とかなる」と思ってしまったからなんです。
本当はそこまでやる気なんて有りませんでしたが、気がつけばまた借りないとならない状態になっていました。

それに気づいて、さすがにこれは不味い、間違いなく癖になってるか依存症みたくなってると怖くなり、それ以来やってはいません。

なので今でもローンとかキャッシングとか消費者金融と言う言葉を見るだけでも怖いと言うか不安なイメージしか出て来ません。
人によっては上手く使ってより良い生活してる人だって居ますし、身近にも居るんですが私には無理だなと思っています。

例えばただの買い物でさえ、買い物依存症にまでなる人が居るように、誰でもがちゃんと自分をコントロール出来るとは限らないんです。
私は単に考えが甘いとか計画性が無いとかちゃらんぽらんで行き当たりばったりな性格だからとかのせいですけどね。

なのでどんなにしっかりした審査が通ったから借りれたとかでも、私は確実にズルズルと適当になって借金まみれになる可能性が高すぎて、便利そうだなとは思いますが使う訳には行きません。